イビスロンドンアールズコートホテル 最寄り駅・アメニティ・朝食・wifi・お店

 

こんにちは⭐︎みゆきです


みゆき
海外旅行で悩むことと言えば、ホテル選び

ということで、今日はイギリス旅行で泊まったイビス ロンドン アールズ コート “Ibis London Earls Court”」ホテルと周辺の様子をお伝えしたいと思います。

とてもシンプルなホテルなでの、アメニティはほとんどありません。

持っていったほうが便利なものもご紹介もします。

イビスロンドンアールズコートホテルについて

住所:47 Lillie Rd, Earl’s Court, London SW6 1UD イギリス



少し中心地から離れてはいますが、お値段の割には広くてきれいなホテルです。2011年に改装されています。

チェックイン=14:00〜
チェックアウト=12:00

チェックアウトの時間が遅いのはとても嬉しいです。

 ホテテルの周辺にあるもの

ホテルの最寄り駅

最寄り駅は、Districtライン(ウィンブルドン方面)のWestBrompton駅です。

WestBrompton駅からは徒歩約5分

静かな住宅街にあり、落ち着いた雰囲気です。

近くにスーパーや薬局もあります。

バス停

ホテルの目の前にバス停があります!

複数の路線バスが停まるので使いやすいですし、夜遅くに帰ってくるときなどとても便利でした。

 

フィッシュ&チップス屋さん(Baileys)

ホテルから徒歩10分くらいの場所にフィッシュ&チップス屋さんもありました。

 

 

初めてお店に入ったので緊張しましたが、お店の方がとても親切で、お魚の種類や一緒につけるソースなど色々教えてくれました。とっても美味しかったです。ただ、量が多いので2人くらいでシェアしたほうがいいと思います💦

薬局やスーパー

歩いて5〜10分くらいの場所に、薬局やスーパーもあります。

 

シャンプーやボディークリーム、歯ブラシなど必要なものはほぼ全て揃うと思います。スーパーにはお惣菜(パスタやサンドウィッチなど)もあり、簡単に食事を済ませることもできます。

 

ホテルの様子

チェックイン

入り口入ってすぐ左手にチェックインカウンターがあります。

 

チェックインしたい旨を伝えると丁寧に案内してくれます。

入り口入って左手に進んだ場所と、入り口入ってまっすぐ進んだ場所にエレベーターがあるので、エレベーターでお部屋に向かいました。

 (↓これは入り口入ってすぐを左手に進んだところにあるエレベーターです)

 

お部屋の雰囲気

お部屋はいると左手にユニットバス、右手にクローゼット

奥に進むとベッドがあります。

 すでに私の荷物が散らばった写真しかなかった・・・
本当はきれいにベッドメイキングされており、机の上も整理整頓されています。

ベッドの脇にはスーツケースを置けるスペースもあり、お部屋は広めです。

エアコンもあって快適でした。
(イギリスはエアコンのないホテルもあるみたいなので予約の時は気をつけたほうがいいです)

窓から見た景色↓

アメニティ

お部屋にあるアメニティは、

・タオル、トイレットペーパー、ハンドソープ、ボディーソープ(シャンプーも兼ねている)、ハンガー、紅茶パック、インスタントコーヒー、電気ポット、コップ、スプーン、ドライヤー、テレビ、くらいでした。

アメニティは上記の通り、とてもシンプルなのでタオルとドライヤー以外は持参したほうがいいです。

 

無料wifi

お部屋に無料wifiの案内の用紙があるので、パスワードを入力することでwifiを使用することができます。

普通に動画を見ることもできて、お部屋で翌日の予定やお土産・周辺のお店を調べるときはホテルのwifiを使用しました。

持参したポケットwifiは使用量の制限もあったので助かりました。

 

ホテルに何を持っていく?

これが私が1番お伝えしたいことです!!
現地で購入すればいいものもありますが、日本で買って行った方が安く済んだり、不要な買い物に時間をかけなく済みます。


今回私はスリッパを持っていくのを忘れてしまって、スリッパを探しまわってちょっと大変だったので、誰かのお役に立てたらいいなと思ってます💦

持って行った方がいいもの

“コンセントの変換プラグ”

これがなければ充電できません。
コンセントの変換プラグも現地で購入やレンタルすることもできますが、高額だったりするので、日本で購入して持っていくと良いと思います。
携帯やパソコン、wifiルーターなど充電しなければいけないので必須アイテムです。

“お部屋にあるアメニティ以外で必要な日用品”

シャンプーやボディークリーム、パジャマなども置いていないので、必要に応じて持参する必要があります。

持っていくと便利なもの

・電源タップ

同時に複数の電化製品を充電する時に便利です。
家から延長コードのついた電源タップを持参しました。

(コンセントの変換プラグを何個か買ってもいいのですが、日本に帰ったら使わないので電源タップおすすめです!)

・ティッシュ

お部屋にティッシュボックス置いていません。
ちょっと何かを拭いたり、鼻をかんだり、日常生活でティッシュを利用している場面は多々あるので、ティッシュは持っていくと便利です。
ポケットティッシュでもいいのですが、私は使いやすいボックスティッシュを1箱持って行きました。

・サンダル(スリッパ)

シャワーの後、濡れた足で靴を履くのはちょっと抵抗があるので、サンダルを現地で購入しました。(スリッパ持っていくの忘れた)
ホテルの周辺ではスリッパは売っていませんでした。

・洗濯物干し

洗濯をしない方はほぼ不要かもしれませんが、もし自分で洗濯される方は、100円で購入できるような小さな物干しを持参されると、部屋に干すことができるので便利だと思います。お部屋も乾燥しているので、ベッドの近くに濡れたタオルを干して加湿したりもできます。

・水

ホテルの自動販売機でも購入できますが、ちょっと高いです。
水はホテル近くのスーパーでも購入できるので、何本かまとめて購入しておくといいと思います。
冷蔵庫はないので常温になってしまいますが、お部屋が結構乾燥しているので、数本常備しておくことをおすすめします。

↓ホテルにあった自動販売機

歯ブラシや軽食など売ってますが、割高💦

 

朝食

朝食は、レストランでいただきます。

朝食はセットでついている無料の朝食か追加料金を支払えばイギリス風の朝食を選ぶことができます。

無料の朝食↓

私は何か食べれるだけで幸せなので、無料の朝食でも満足でした。

 

チェックアウト後の荷物預かり

チェックアウトした後でも荷物を預かってくれます。

最終日は飛行機に乗るまで時間があったので、チェックアウトした後に荷物をホテルに預けて、バスでショッピングモールまで行って買い物をしました。


ホテルの感想

一言で表すと、シンプルです。

宿泊費が安い割にはお部屋も広くて静かだったので全体的には満足でした。

1点「中心地からは少し離れている」ところがちょっと移動時間を考えるともったいなかったような気もしますが、バスや地下鉄に乗るのもいい思い出になったので総合的にはここのホテルに泊まれてよかったです♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

みゆき

Advertisements

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です