社会人の自動車免許取得(武蔵境教習所〜府中試験場での学科試験の流れ)

私は、社会人になってからも自動車免許を取るべきかずっと悩んでいました。
なんで大学生の頃取りにいかなかったんだろうと後悔し続けていました。

そんな私もあっという間に社会人7年目。
実家が北海道になったこともあり、今年ついに自動車学校に通うことを決意しました。

みゆき
私のように社会人になってから免許を取るか迷ってる方もいらっしゃるかなと思ったので、今回は教習所選び〜免許取得までの道のりをシェアします。

自動車学校について

武蔵境教習所を選んだ理由

私は「武蔵境自動車教習所」で免許の講習を受けました。
選んだ理由としては、家から近かったこと+口コミがよかったことの2点です。
職場でも武蔵境で免許を取った方もいて、とてもスタッフの方々が優しくて親切だったと聞いたのが決定打になりました。実際みなさんとても親切でここを選んでよかったと思いました。

コース・金額

教習所に入るときに支払った合計金額=318,730円

たくさんコースがあって迷ったのですが、1段階(所内)と2段階(路上)に分けて予約を取るコース(オプション)にしました。このコースはスタッフの方が1ヶ月分のスケジュールを組んでくれるコースだったのでとても楽でした。
試験の追試料金がかからないオプションなども別途用意がありましたが、追試にならないように頑張る(高いので)ということでそちらのオプションは付けませんでした。

自動車学校卒業までにかかった期間

2019年5月初旬〜8月中旬までの約4ヶ月

お仕事しながら(日勤のみ)でほぼお休みの日にしか行ってなかったので、ちょっと長くかかってしまいましたが、無理せず通うことができました。
学科は時間割が決まっているので、自分が行ける時間に行って受講する形でした(予約不要)。実技は1日に実施できるコマ数が決まっているので、予約必須。私は通える日時を1ヶ月分紙に記入して、まとめて予約を取ってもらうコースを選んでていたの実技も予約で困ることはありませんでした。急に行けなくなってしまった場合も、前日までならネットでも予約変更できました。(事前連絡の制限時間が決まっておりもしその時間を過ぎてしまった場合はキャンセル料がかかる)何もオプションを付けないコースは、全て自分でスケジュール調整をしなければならなかったり、予約できるコマ数も限られていたりするのでちょっと大変そうでした。
8月中旬に卒業検定合格し卒業しました。

府中試験場での本免の学科試験

受けに行った日

2019年11月14日(木)に試験を受けに行きました。
なかなか試験に向けた勉強が進まず、卒業検定から気づいたら2ヶ月も経過していました💦

本免試験に向けての効果測定(教習所で用意してくれる問題集を解くことができる)は結局、2冊ぐらいしかせずに教習所を卒業してしまい、その後武蔵境まで行くのが億劫になってしまい行きませんでした。

教習所でいただいた「学科試験問題集」の本免問題だけとりあえずやって試験に向かいました。

(見た目ボロボロで勉強した感ありますが、試験前日に焦ってやり始めたので、問題集も最後の4ページくらいは力尽きて白紙。もっと早くからコツコツやればよかった。)

試験会場

試験は府中会場で受けました。

会場へは武蔵小金井駅からバスに乗り試験場前のバス停で降りました。

開場時間

8:00到着
すでに入り口にバス1台分くらいの列ができていました。
ちょうど会場が開いたようで続々人が中に入っていきました。
私も最後尾に続きました。

書類確認

入り口入って左手に案内されました。
まず、必要書類が全て揃っているか確認をしてくれます。
武蔵境教習所では卒業検定後に本免学科試験に必要な書類を全て用意してくれて、運転免許申請書に顔写真まで貼ってくれるので、教習所でもらった封筒をそのまま持参すれば良い状態でした。本当に最初から最後まで親切✨

質問表記入

すぐ隣にある記入スペースで質問用紙が置いてあるので記入します。
(今まで違反を起こしたことないかなどの質問があったと思います)
ボールペンも置いてありました。

受験料支払い

入り口入って右側に戻り、受験料1750円のみ初めに支払います。

視力検査

同じ階にある視力検査場の進みます。
コンタクトレンズをつけているか聞かれて、その後左右2ー3個ずつCの字の模様を見ながら視力検査があります。色の識別ができるかどうかも確認されました。

私はディファインのコンタクレンズを使用していたため写真撮影時は外すよう指示がある可能性も伝えられました。→結局外さなかったです。(外すよう言われなかった+外す時間もなかった)

(これは免許とは全然関係ない悩みですが、私はもう30歳になるのにディファインのコンタクトレンズをやめられなくて困っている。黒目が大きい方がメイクしたとき自分の理想の顔に近づけるし、可愛いし・・でももう大人なんだから可愛さを求めてるのではなくて綺麗さとか洗練された感じを目指すべきではないのか・・いやいや、自分のなりたい自分になるべきだから年齢なんて関係ないんじゃないの?自己満足の世界なんだからそもそも誰も気にしてないか・・・などなど、まぁいろんな考えが自分の中から聞こえてくるし、30歳という壁が私に迫ってきて怖いです。「次こそ普通のコンタクトレンズ注文しよう!」と決めたはずなのにまたディファイン注文している自分。もう何歳になっても可愛らしい人になりたい願望は消えなさそう。。同じ状況の方いるかな・・脱線失礼しました。)

視力検査後、すぐ再度書類の確認があります。(書類を見せるだけ)

上の階へ

書類確認後は床に貼ってある青い線に沿って進むよう言われました。青いシールをたどって歩くとエスカレーターがあるので乗って上に上がります。

試験受験票もらう

上の階に着くと係の人が案内してくれるので、そのまま進み警察官の人から試験受験票を受け取ります。

私の受験番号は「002」でした!まさかの2番目。
(とても混雑すると聞いていたので早めに行きましたが、「早過ぎたかな💦」とその時は思いました。でも、合格発表後の案内は受験番号順だったのでスムーズに終わることが出来ました。早く行ってよかった!)

試験会場の番号が伝えられ、会場で待つよう言われました。

8:20頃には全ての手続きが終了していました。試験までの時間は試験会場で勉強できるので、教習所でもらった問題集の見直しなどをして過ごしました。試験会場では自分の受験番号が書いてある机に座ります。トイレにも行きました。緊張するとなぜかトイレに行きたくなる。

試験開始

9:30〜10:20
試験時間は50分間です。
受験番号順に席につき試験が始まります。
試験に使用する筆記用具は用意されたものしか使用できません。

試験中は残り時間は右前方にあるモニターに表示されていました。(1分ごとに減っていく)
試験終了10分前、5分前、1分前にそれぞれチャイムが鳴り教えてくれます。

途中退室も可能で、検査が終わった人から問題集、解答用紙、筆記用具をまとめて返却し退室します。
私はわからない問題があったので最後まで教室にいることになってしまいました。
(そして終了2−3分前に答えを変えた問題は間違えてました。やっぱり最初の勘に頼るべきだった💦)

発券機で暗証番号決める

合否発表までの待ち時間の間にやっておくことが、2つありその一つが暗証番号の設定です。発券機があるのでそこで好きな番号を決めます。
もう一つは免許発行料の2050円を手もとに用意することでした。(ぴったりでなくてもお釣りは出るので大丈夫)
クレジットカードは使用不可なので注意!

試験会場で合否発表

11:00
また受験番号の席に座ります。
右前のモニターに合格してる人のみ番号表示されれる(不合格の人の番号はスペース空いてる)形式でした。

不合格の人は書類返却され、退室します。
約100人中30人くらいが不合格になっていました。私も確実に間違えた問題がに5問、答えがわからなかった問題が5問あったのでギリギリだったと思います。

合格の人の書類返却、免許について説明があります。運転免許申請書の紙を点線で切り取って手もとに置いておきます。この紙が免許の引換券になっていました。

発行料の支払い

11:30
その後受験番号順に発行料金=2050円を支払います。「おめでとうございます」と言われてちょっと嬉しかったです。

写真撮影

支払いが終わった後、そのまま写真撮影の部屋に案内されます。

たくさんの人が待っているので、流れ作業という感じです。
写真撮る前にトイレに行けるかなーとか思っていた私は甘かった。
そんな時間はなく、写真撮影は10秒で終わりました。

顎を引くように言われ撮り直して「次!」という掛け声で退室。

写真の仕上がりが恐ろしかったです。

お昼ご飯

免許発行までの待ち時間は自由時間です。

地下に食堂もあります!

私はお腹が空いたので、食堂で「もやしラーメン」を食べました。600円。

普通に美味しかったです♩
(学生の頃とか食堂で1人でご飯食べるのことができなくて、学食行けなかった自分が嘘のようです。まぁ周りに知り合いが1人もいないからかもしれないけど、今ではこんな学食みたいな場所でも1人でご飯食べられようになった自分に感動しました。大人になったことを実感。)

免許受け取り

13:00くらいから免許を受け取ることができました。
受け取り時間は日によって異なるようで、早いと12:30頃から受け取れると言っていましたが、その日は12:30にはまだできていませんでした。
引換券(運転免許申請書の切り取った部分の紙)を提出して免許を受け取りました。
写真の仕上がりは・・・
想像していたよりマシだった!(というか自分の顔はこんなもんだよねって感じでした!)
顎を引きすぎて若干二重顎になってしまっていましたが、顎上がったままのドヤ顔になってしまわなくて良かった💦
写真を撮ってくださった方に感謝!

迷ったり間違えた試験問題

間違えた問題
・大型自動二輪で運転できる車種はどれか?
・合流禁止マーク
・踏切10m以内駐停車禁止は軽車両、原付も含むか?
・10分以内なら停車か?
悩んだ問題
・トンネル入り口では速度を落とすか?
・長距離運転は3時間おきに休憩するか?

覚えてる問題が上の5個です。他に絶対間違えた問題1問と、わからなかった問題3問ありましたが忘れてしまいました。(試験結果は合否のみで、点数は発表されません)どの問題も座学で教わったり、問題集で見覚えある問題だったのでなんかすごく悔しかったです。勉強ってコツコツやるのが大切だと再確認しました。悔し過ぎてもう一度教本読みました。(負けず嫌い発症。読んだからって試験の結果は何も変わりませんが、安全運転を心がけようと思いました。)

最後に

東京に住んでいると車を運転する機会はほとんどありませんが、いつ必要になるかわからないので、無事に免許を取ることが出来て良かったです。大人になってから免許を取るのはとても大変だろうと思っていましたが、そんなこともなく、久しぶりに学校に通う感じが新鮮で意外と楽しかったです。教習所は学生の方が多いですが、社会人の方も想像以上に多くて安心しました。これは私だけかもしれませんが、車の運転を学ぶことで普段道を歩くときも「こんな標識あったんだ」とか毎日小さな発見もあったりしてちょっと楽しいです。

もし、社会人になって車の免許を取るか、迷ってらっしゃる方がいたら少しでもこの記録がお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

みゆき

Advertisements

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です