ガトウィック空港からビクトリア駅経由でイビスロンドンアールズコートホテルに行く方法

みゆき
こんにちは♪今日は空港からホテルまでの移動の様子をシェアします!電車間違えちゃったりもしたのでこの失敗が誰かの役に立てば幸いです!笑

空港からホテルまでの移動はいろいろな手段があります!

今回私たちは、このような方法でホテルまで行きました

 

今日は空港からホテルまでの移動の詳細をお伝えしたいと思います。

海外初の電車・地下鉄デビューで失敗もありましたので、それも合わせてお伝えします!笑

ガトウィック空港の南ターミナルに移動する

まず私たちの飛行機はガトウィック空港の北ターミナル(North terminal)に到着しました。

空港の駅は 南ターミナル(South terminal) にあります。

北ターミナルから、南ターミナルへの移動は、無料のシャトル(モノレール的な乗り物)があったので乗りました。

ガトウィックエクスプレスのチケット購入•料金

通路にある「Trains」の案内通りに進むとチケット売り場も見えてきます。

帰りもガトウィック空港発の飛行機だったので、ガトウィックエクスプレスの往復チケットを購入しました。往復の方が安いです。チケットは機械で買いますが、クレジットカードも使えました!

クレジット控えももらえます。

往復チケットは32.40£。日本円で4829円でした。

(この日のレートは1円=149.061£)

ガトウィックエクスプレスに乗る

ガトウィックエクスプレスの車内の様子

約35分でビクトリア駅に到着します。

ビクトリア駅でオイスターカードを手に入れる

ビクトリア駅はとても広い駅です。

ここからは滞在中、公共交通機関をたくさん使うので、オイスターカード(日本でいうSuica的なカード)を手に入れるために窓口に向かいました。

自動券売機で購入しようとしましたが、購入ボタンが見つからず、係りの方に聞いてみたら、窓口でしか購入できないと言われました。

券売機の種類?によって購入できない機械もあるようです。

窓口のおじさんはとても優しい人で安心しました。

保証金(デポジット)5£+10£チャージしました。

ディストリクト線に乗る

ここから地下鉄のディストリクト線に乗換えます。

地下鉄はこのマーク

が目印になります。(マークを描きたかっただけです笑)

ディストリクト線に乗る時の注意点

ここで、私がやらかしたのが、

終着地(行き先)間違えです!

ディストリクト線はビクトリア駅で乗った場合、終着地(行き先)が5ヶ所もあります!

基本は、東と西の2方向ですが、日本の中央線のように、東京方面と高尾方面と2方向だけではなく、終着駅に向かってどんどん枝分かれしていきます!

電車のホームは正しくても、自分のいきたい駅に止まらない電車も来ます。

電車に乗る時は、東西の方向のみでなく、自分の降りる駅がどの駅で、今から乗ろうとしている電車は本当にその駅に向かう電車なのか?ホームにある電子表示板で確かめたほうがいいです。

私たちはビクトリア駅からウエストブロンプトン駅に向かうには、「Wimbledon」行きの電車に乗らなけれいけませんでしたが、間違って「Edgware Road」行きの電車に乗ってしまい、終点に着くまで間違った方向に来ていることに気づかず終点まで来てしまいました。

なぜか記念に写真撮ってた笑

ホームで困り果てていたところ、親切なお兄さんが次来る電車に乗ったら着くと教えてくれて無事たどり着くことができました。

現地の人の優しさに触れた初日でした。

ウエストブロンプトン駅で降りる

ウェストブロンプトン駅で降ります

電車から降りたら階段を上がります。

ウェストブロンプトン駅のディストリクト線のホームにはエレベーターないので、荷物を持ち上げられなさそうな方は、ビクトリア駅からディストリクト線でアールズコート駅経由でホテルに行くほうがいいかもしれないです。

(アールズコート駅にはエレベーターありました!)

ホテルまで歩く

ウェストブロンプトン駅からホテルまでは歩いて約5分で着きます!

この写真から見て右方向にまっすぐ進むとホテルに着きます。

以上で

ガトウィック空港からビクトリア駅経由でイビス ロンドン アールズ コートホテル- Ibis London Earls Court に行く方法のご紹介を終わります。

次回はイビスロンドンアールズコートホテルの様子とホテルに持っていくと便利な道具紹介をします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

みゆき

Advertisements

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です